HOME >BCPとは

BCPとは?

緊急事態への備えのこと。
(出展:中小企業庁 BCP策定運用指針)
緊急事態・・・ 風水害、交通事故、テロ、地震、火災、感染症…など

事業継続計画(BCP)とは、災害や事故等が発生し、操業度が一時的に低下した場合でも、その事業所にとって中核となる事業については継続が可能な状況までの低下に抑える(中核事業は継続させる)、また、回復時間をできる限り短縮させ、できるだけ早期に操業度を回復させることにより事業所の損失を最小限に抑え、災害や事故等の発生後でも事業を継続させていくための計画です。

情報分野におけるBCP項目

  • 情報のコピーまたはバックアップをとっていますか?
  • あなたの会社のオフィス以外の場所に情報のコピーまたはバックアップを保管していますか?
  • 主要顧客や各種公共機関の連絡先リストを作成する等、緊急時に情報を発信・収集する手段を準備していますか?
  • 操業に不可欠なIT機器システムが故障等で使用できない場合の代替方法がありますか? (出展:中小企業庁 BCP策定運用指針)

参照ページ(中小企業庁「中小企業BCP策定運用指針」~緊急事態を生き抜くために~)

身近な災害(バックアップを遠隔地に編)

災害と言っても、神戸や東北の様な大震災だけではありません。火事や盗難も含まれます。要は、事務所にあるデータ機器がなくなる、手元へ取り出しが出来なくなる、あるいは壊れて使えなくなった場合、御社は業務に影響が出ませんか?ということです。

火事と言っても自社が火事になることも当然ありえますし、隣の家屋やビルが火災になり、消化した際に水浸しになってサーバーやパソコン機器類が壊れたということも想定されます。機械は保険金などで返ってきますが、データはもう一度作らないとどうしようもありません。万が一の時に、効果を発揮するのが、バックアップお預かりサービスです。

身近な災害(外部からアクセス編)

災害には、地震や火災などの地域・場所がダメージを受ける場合のほか、新型インフルエンザなどの感染症、台風や大雪などで交通機関にダメージを受ける場合があります。どちらも、会社への通勤が出来ないなどで仕事ができず業務に支障がでます。

バックアップお預かりサービスでは、自社内のNASへ外出先や自宅などからアクセス出来る環境(リモートアクセス環境)を同時に作成できます。リモートアクセスするには、所定のソフトウェアの設定が必要ですので、特定の人しかアクセス出来ません。また、その経路についても暗号化をおこなっていますのでセキュリティも確保されています。安心してアクセスしていただけます。

VPNで外出先や自宅から安全にアクセス